コンセプト

「世界中の子どもたちに、ロールモデルを。」
原体験から生まれたお迎えシスター
こんにちは!お迎えシスター代表の樋口と申します。小さい頃から、私の両親は共働きだったため、6歳から18歳(妹が12歳)になるまで、毎日、家に留学生の家庭教師兼ベビーシッターのお姉さんが来てくれていました。月曜日から金曜日まで、カナダ人、マレーシア人、台湾人、韓国人、トルコ人など、色んな国のお姉さんが来てくれ、保育園のお迎えから、私と妹の宿題まで見てくれました。その中で、言葉はもちろん、毎日色んな文化を教えてもらいました。お姉さんたちの存在は、私の世界を大きく広げ、人生のロールモデルとなりました。幼少期の出会いは、子供の人生に大きな影響を与えます。「子どもたちが“世界”をもっと身近に感じられる環境を作りたい」そんな想いで、このサービスを立ち上げました。
お迎えシスターが目指す世界観
サービスのコンセプトは「子どもたちに、ロールモデルを。」20年後、子どもたちが自分の幼少期を振り返った時に「あの時、あのお姉さん・お兄さんに出会えてよかったな」「あの経験があったから今の自分がいる」そんな風に思える世界観を目指し、家庭や学校を超えたロールモデルと学ぶ「ボーダレスな学び」をご提供しています。
代表プロフィール
樋口亜希/Aki Higuchi
1989年生まれ。北京大学国際関係学部卒業。
2、3歳の時に中国・武漢、10、11歳の時にアメリカ・ボストン、18歳〜23歳まで5年間、中国・北京で過ごす。
高校卒業後、単身で北京に渡り、9ヶ月間、毎日15時間の受験勉強を経て、大学入学。リクルートホールディングス、リクルートキャリアを経て、株式会社Selan代表取締役就任。バイリンガル講師による自宅英語学習「お迎えシスター」と、小学生向けリベラルアーツスクール「21世紀教育dot.school」を展開。
世界経済フォーラムより"Davos 50"に選出、2018年、ダボス会議に参加。